corez18c24 mili777-パナソニック(Panasonic) NNQ35607LD9 電球色 美光 3000K 広角 DL1000形 LED 客席ダウンライト 32981tglo4649-シーリングライト、天井照明

シーリングファンDCモータータイプφ90cmシーリングファン本体+パイプ+シャンデリア[LED電球色][シルバー]XS77141
コクヨ ベンチ ロビーチェア ALRA アルラ W1815×D560×H870MM CN-W453HLS ペールベージュ 新規投稿  操作メニュー
1人掛けチェアー チェアー 1人掛け 1人用1P 肘 チェア 椅子 いす イス 北欧 白家具 クラシック RL-1942AW-1C
(1)模倣について
苹@泥酔
こちら(↑)の書き出しは育鵬社の教科書をめぐる話題から始まったが、あれこれ芋蔓式に脱線ネタを膨らませているうち丸々一年近くが過ぎてしまった。それだけに長丁場全体の文章量は過去最大、内容の方も散漫さは流石に否めない。今回のも、どうするか。あれを本稿で締め括ろうかとも思ったが、昨秋頃から何度も「今度こそ…」と思い続けてきたのに、またズルズル同じ事の繰り返しになるのでは。そこでいっそ、本稿から新たにスタートする方向で別の切り口を考えようと、先ずは稿の場所を改めてから…とした。
とは云え例によって今回も、セレブ奥様ブログのコメント欄に書いた拙稿の転載ではある。あれこれ迷っている間も余所にどんどん稿が溜まる。こちら天バカ板では月に一度の投稿ペースどころではなくなっているのに、あちらでは毎週一度か二度のお邪魔様。わざとではない。絶対に。
..(続きを読む)

コイズミ照明(KOIZUMI) イルムシャンデリア【電気工事不要】 LED(電球色) 〜6畳 AA40900L
[*]前へ [#]次へ >>
(17)全日展~そして模倣論(其四)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。転載四分割の最終回でござんす。
(備忘録)
>「日本人は、犬を食べると聞いたが、それは本当ですか」
> あちこちからくすくす笑いが起こった。
>「いや、食べない。犬は日本人にとって、ペットというよりパートナーであり、友人だ。食べるわけがない」私は強い口調で答えた。
>「いや。僕は写真で見たんだ。日本人が犬を殺して食べている写真を」男の子もやや強い口調になった。くすくす笑いが止んだ。私は男の子をもう一度じっくりと見た。彼は颯爽としたヒーローに見えた。私は不快になった。不快感はヒーローの座を奪われた嫉妬心かも知れなかった。写真で見た……? その写真はおそらく日本のものではないだろう。でも、アメリカの田舎の高校生にとって、日本人も中国人も韓国人も区別がつかないのだろう。それを言うべきか。いやいや、それを言っても始まらない。つかの間ではあったが、結構深い葛藤だった。早く答えなければならなかった。
>「食べたよ。確かに食べた」どよめきが起こった。どよめきに交じってTerrible! という声が体育館のあちこちで聞こえた。
>「ただし、それは少し前の時代だ。君たちの国に戦争で負けて、食料がなかったころの話だ。君たちは、牛や豚に与えるミルクを日本にくれたが、肝心の牛や豚はくれなかった」そう言った後、
>「もし、私たちの国があなた方の国に原爆を落とされず、負けなかったならば、犬を食わずに済んだのに」と言った。会話では、初めて使う仮定法過去完了形だった。実はずっと会話で使いたい表現だった。過去において起こらなかった事実を述べるときに使う仮定法過去完了形。なぜ、彼らは事実と違うことを言うとき時制を一つ戻すのだろう。予備校で生徒に訊かれて答えられなかった。受験では必須の、いわば日本の英語教育のハイライトの一つだが、普段の会話においては誰も使わない。
STAGEO FREE フリーアドレスデスク 片面ベース 幅1000×奥行600×高さ720mm /PL-ST-K106W-B > 校長がいきなり拍手をした。続いてほかの生徒やほかのスピーカーも拍手をした。質問をした男の子もつられて拍手をした。いい答えだった、という意味かも知れないし、もうこの辺でおしまい、ということだったかも知れない。私は拍手の余韻をあとに再び緑のトンネルを潜り抜けるバスの車中の人となった。
以上は講談社『本』2014.5号P.34~35の松原好之「一九八六年の“仮定法過去完了形”」より。かなりの分量を引用して申し訳ない。…それはそうと、もし大真面目の直球で答えていたら、果たしてどんな反応が返ってきただろうか。因みにウチの婆様は、今でも牛や豚や鶏(やマグロ)を食わない。犬や馬や鯨とも無縁だったろう。浜辺でウニやアワビなら採ったかも知れない。紅鮭や筋子や鱈子はよく食べる。回転寿司はいつも甘海老と蟹と帆立ばかり。
その他、今月の『本』では神里達博「芸術は文明を先駆ける」が面白かった。高島俊男連載は産経ネタ。講談社現代新書の創刊五十周年特集では、当時の背景が垣間見えて興味深い。村井実「講談社文化を背負って」と渋谷裕久「創刊前夜の日々」。ただしどちらも創刊時に限定した話ゆえか、少し遅れてきた背番号176番の目映きルーキー、西尾幹二選手(?)への言及は、ない。
【 00:52】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]
>松原好之さん(中略)恩人中の恩人
SEIKO FAMILY(生興) 日本製 LCSシリーズ(ニューグレータイプ) W1100 平机 LCS-117HCG(オフィス収納) あらまあ、なんとも奇遇な話で。奥様レスの読後ふと気になって検索したら、主に医者志望がターゲットだとか。そっち繋がりなのかナと勝手に忖度しては妙に納得したり。
ところで仮定法過去と仮定法過去完了、英語が苦手な苹としては、それがどこまで掛かるのか気になる訳で。文学的に読もうとすると、一つの語法が遠くの記述に波及する効果次第で解釈が揺さぶられたりもする。例えば「食べたよ。確かに食べた」との事実認識に、どの程度まで仮定のグラデーションが反映されるのかと。…だから苹は、日本語ですら苦手なんだ。仮名の背景で漢語が黙る仕組みについて、説明の仕方に四苦八苦し過ぎている所為なのかも。そこんとこフランス語の奥様やドイツ語の西尾先生なら、どんなふうに捉えるのかなあ。どのみち苹は、ややこし過ぎるから「文学が大嫌い」(つまり構文に限定した視野でなく、意味の「外延」に目を向ける~と云う事は相対的に「内包」の深淵も含意する次第…)。
..(続きを読む)

corez18c24 mili777-パナソニック(Panasonic) NNQ35607LD9 電球色 美光 3000K 広角 DL1000形 LED 客席ダウンライト 32981tglo4649-シーリングライト、天井照明

(16)全日展~そして模倣論(其三)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。転載四分割の其三。
LGW85240S CE1 天井直付型・壁直付型 LED(昼白色) ポーチライト 拡散タイプ・密閉型 防雨型 白熱電球40形1灯器具相当
(雑感)
巷で話題のSTAP疑惑、そこそこ批判が連想の種にはなる…。
「第三者が見て読めなければ、可読性がある証拠にはならない」…てな読み替えをしてみたくなる。或る古文書を見た百人が百人、読めない。しかし権威ある人には、読める。読める事を科学的に説明し証拠を示せ、と。~当方そんな説明を受けた事はないし(大学でも!)、どの本にも「原理」までは一々書いてない。そりゃあ古文書字典や書道字典ならある。けれども原理ではなく史料の切り貼り羅列ばかりで、見方次第では暗号解読用の乱数表と大差ない。なにやら訳の分からぬまま猿真似をして「書ける/読めるふり」を繰り返すうち、やがて信者になっていくかの様な。そもそも第三者と信者とは違う。エル・カンターレを名乗る某氏の霊言集が科学的に論証できるとは信じにくい様に。
よく分からないのは書道ばかりでなく、現代アートの場合とて同様だろう。そこを専門家はどう説明するのか。…てな訳で取り敢えず「佐々木健一」の名前で検索したところ、恰好のインタビュー記事が見つかった(↓)。「西洋=近代」型の語り口が余りに明晰なため、現代アートのイメージがガラリと変わるかも知れない。
..フロアライト 北欧 LuCerca UROS Floor ( フロアスタンド 照明 フロアスタンドライト )

(15)全日展~そして模倣論(其二)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。転載四分割の其二。
>S子さんとさんざん喧嘩したことも

パナソニック(Panasonic) 客席ダウンライト LED DL1000形 広角 3000K 美光 電球色 NNQ35607LD9



パナソニック(Panasonic) 客席ダウンライト LED DL1000形 広角 3000K 美光 電球色 NNQ35607LD9 ブランド : パナソニック(Panasonic)
商品サイズ
高さ : 24.20 cm
横幅 : 32.00 cm
奥行 : 39.70 cm
重量 : 3.70 kg 商品紹介 タグ

パナソニック(Panasonic) 客席ダウンライト LED DL1000形 広角 3000K 美光 電球色 NNQ35607LD9
「つくる会」は崩壊した(←いきなり、なんだ?)。…と云うよりは分裂とか内紛とか。これが町内会なら静的意味では「地元」が前提にあり、動的意味では「生活」上の必要に支えられる。余所者だらけなら話は別だが、地元民なら元に戻る事もあるだろう。そこには記憶の集団的かつ歴史的な蓄積があり、まさしく「保守」の姿勢そのまんま。
なんなら「保守の呪縛」と言い換えてもよい。好き嫌いの問題ではない。腐れ縁を苦々しく思う一種の諦観が、あるがまま宿縁となって互いを支える。夫婦喧嘩の場合は離縁が理不尽であるほど離婚は阻まれたらしく、逆に理不尽だった部分を平等公平に地均ししたら離婚が激増した。そこに一蓮托生の堪忍はない。もしかしたら事実婚とは、爛れた結婚システム(!)から精神の繋がりを「永遠に不毛なまま」取り戻そうとする、云わば諸行無常の一形式なのかも知れない。
「つくる会」は崩壊した(しつこいぞ!)。…でも互いに保守は保守。それを離合集散の文脈で予感したら、山形板の桜子様が支援板に乗り込んできて、苹との論争状態になったんだっけ。でも数年後に現実となった崩壊は消滅でなく「ただの分裂」だから、別段「コリャ一大事」とまでは思わなかった。結局どこまで行っても離合集散の文脈なのネ。
>言葉の魔術
ダクロン(R) NATURAL FEEL Down-like 中わた使用 洗える掛け布団 クイーンサイズ (ダクロン(R) コンフォレルダウンエッセンス(R)中綿) [SP] …ふと思う。近代民主主義に運命づけられた擬似感情のフレキシビリティを、最もこれ見よがしに政治化した先駆者がヒトラー政権だった。総統だから先駆者たり得たのか、先駆者だから総統へと成長できたのか。ヒトラーの蒔いた種子は各地で植物状に民族へと潜入したが、その戦後的プロセスを「慎重さ」に基づく態度と見なすならば、動物的なものは分類上~或いは仮の姿ではあるにせよ、どのみち異端となるだろう。
西尾先生の指摘する「慎重さ」に、攻撃性が内含されている事を私は屡々忘れがちになる。所謂「攻撃は最大の防御」との比較に於てそうなるのは明白だが、であるにしては「あまりに多くを知っていて」の方が気になるのは何故かしら。躊躇と慎重とを分かつ溝が、既にそうあるべく判断されているかの様な。「判断を保留した」のではなく、「保留すると判断した」と読める点が戦略的で、仮にそうなら米国が失望どころか非難姿勢を打ち出したとしても、日本は基本姿勢を転換する必要がないのでは。
ふと思い浮かべるのはヤクザ映画。親分が子分を痛めつけるのは、それを見て恐怖するのが誰かハッキリ分かっているから。…誤読だろうか。日米同盟を親分と子分の関係と割り切るなら、日本が子分の役割を演じる上で、米国には親分らしく振る舞う義務がある。靖国参拝を続ける日本に「仕方ない奴だ」「もう抑えきれない」と呆れるか、それとも何らかの対日制裁を仄めかすか。前者の文脈なら日本の防衛体制強化は可能な筈。
動物的軍事と植物的政治とのコントラストに戸惑うなら、嘗ての日本的陰翳はよほど衰弱しているのだろう。嘗て陰翳は、墨の五彩(黒にも色々な黒がある)と似通っていた。
【 02:26】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]
(前稿補遺)
あの分裂(つくる会と教育再生機構)に思うのは、なおも保守であり続けると自覚する互いが、互いの相手に対して「保守の否定」をも招き寄せる事。そこが不思議な様で居て存外さほど不可思議でもなく、思議なき呼吸を繰り返す度、実は誰もが否応なく保守になっていくのでは。さもなくば疲れてしまう。どことなく否定と休息は似ている気もするが、そこまで惚けた気分ではないらしい。だからなのかな、私が追憶に美を感じるのは(…結構アルカイック?)。人は墓があると拝んだり暴いたりし、墓でもないのに祭祀したり集ったりする。「敵ながら天晴れ」で構わないのが日本文化なら、分裂した一方にとって他方は「墓の様であってよい」のかも。
心の中にも墓地がある。…書道の場合、どうだろか。
それは昔も昔、「子供の頃の書塾にて」…重鎮の本には時折そんな話が出てきたりする。みな昔から後年の様な字を書いていた訳ではない。師の書を学ぶ最中でも、たまには「師の師」に学ぶ契機自体が、はなから姿勢に於て重層的だった(師の師と古典は或る意味「同格」)。例えば『現代日本書法集成』(尚学図書)で上條信山の分冊を読むと、直接の師系を宮島詠士や張廉卿に遡るばかりが能ではない事に気付く。信山は詠士に出逢う前、西脇呉石(国定手本乙種筆者)の書を学んでいた(P.6↓)。そこに「隠れた基礎」がある。古典を学ぶ以前の基礎。基礎以前の基礎。
> 今から考えてみると、呉石先生の書は、根源は歐陽詢の九成宮醴泉銘にあったわけで、それをごく平易に、一般化したもの、入門期の手本としては最適なものであった。当時は、鳴鶴や、一六の三体千字文も流行していたが、風格や、味わいがあるにしても、少年時代の手本としては少々無理なところがあった。呉石先生の千字文に出会ったことは、少年時代の私にとって大変な仕合わせであった。
ここに苹の乙種的経験(巻菱湖系)が繋がる。呉石は師匠の村田海石(萩原秋巌の高弟)が歿した後、日下部鳴鶴に師事した。そして鈴木翠軒の師系は丹羽海鶴から鳴鶴へと遡る。するとそこから、呉石と翠軒の書線類似に遺伝法則めいたものが見えてくる。古典ばかり学んでいる者には見えにくい世界が、すぐ前の世代に現前している。今や師系は墓の中でも、そこで培われたものを過去帳の様に遡れば明治が分かりやすくなる。
こうした認識は昔なら当たり前だった。流儀書道の残滓が明治期に「流派」意識へと近代化(?)された面はあるものの、そこには古典のバイブル化を阻む現実の師匠価値が先ず前提として在った。つまり「師匠が古典の暴走を阻む」免疫的機能を発揮した面もあった。従って「流派」は必ずしも原理主義的ではなく複眼的である。ところが古典の方は野生の歴史的蓄積であり、完全依拠した途端ともすれば四の五の言わせぬ原理主義的な聖典と化してしまう。~これを推進して学校から師匠を排除したのが戦後教育の一大特徴だった。誰も教科書手本の筆者を意識しないと、手本から筆者(特殊的主観)を疎外した地平に古典(普遍的客観)の影を刷り込む手口が蔓延し、果ては権威を聖化するに至る。(アメリカ的な占領政策による芸道否定が裏目に出た形、と云ってよいのかも。)
「教科書に反する学者は間違っている」式の顛倒現象も、義務教育の書写教科書なら一目で分かる。唯一無二の手本書風イメージが硬直化し、究極の流儀書道イメージがいっそう子供じみた形で再来した結果、信者達は必ずや「例外なく下手で読めない古文書」の世界に違和感を抱くだろう。他のものを見た事がない。読んだ事もない。手習いの行為を単純に信じる以外、学ぶ手立てがない。この傾向は書塾に通った経験のない生徒ほど顕著かも知れない。今では書塾の師系意識が芸術的領分に自己限定され、基礎基本の領分では系譜意識をむしろ邪魔者扱いしているかの様にも見える。これでは塾も学校も大差ない。塾が学校に準拠しつつ濃密な指導を展開する方式で、教育の全体主義が既に半ば達成されているとしたら、「生徒も先生も教科書の被害者」式の論法は今後いっそう過激な形で定着していくに違いない。(その一例が沖縄の竹富町?)
ハイカルチャー(雅)の書は大昔の日支文化そのままで構わないが、俗書の方は実用の「生きた日本語」が大前提。そこを破壊すれば「どちらも読めない字」となり垣根が失せる。この視点でグローバリズム(雅?)とナショナリズム(俗?)を捉えると、どうせどちらも分からないのなら「寄らば大樹の陰」を選択するのが自然だろう(大は小を兼ねる?)。そこにグローバリズムの罠がある。これに引っ掛かったのは戦後でなく明治以降。そのためだろうか、苹は戦後ばかり目の敵にする「維新的」崇拝者(念のため…「維新の会」の事ではない)に懐疑的とならざるを得ないし、置いてきぼりの「維新以前」には追憶の眼差しを傾けたくなる。ことほど然様に、基礎は美しい。
(続報)
遠藤照明 10台セット LEDベースライト SOLID TUBELite 40Wタイプ 埋込型 白ルーバ形 6900lm Hf32W×2灯高出力型器具 昼白色 非調光 ERK9567W+RAD-703N_set 中旬以後の天バカ板グーグル検索障碍は、どうやら今月中旬(頃?)に復旧した模様。~ちょうど時期が大学入試と重なると、こちらとしてはまたぞろ疑いたくなってくる。もしや小論文や面接などに影響するのを、入試対策当局が予め回避しようと事前に画策したのではないかと。なにしろ受験生はネット世代の高校生で未成年。書道畑なら誰もが知ってる拙稿レベルでも、使い道がないとは言い切れぬ。
それらしき筋が拙稿を閲覧した形跡は「書道美術新聞」870号(付)の連載記事に確認できる。兵庫教育大学の小竹光夫教授が一度だけ拙稿に言及していた(初出は支援板で、天バカ板には転載済み)。その頃から監視してくれる御仁が居たのなら、拙稿をコピペしたり似通った内容を披瀝してもネタ元はすぐにバレるぞヨ(苦笑)。おまけに内容が正しいとは限らない。地雷を踏んだらどうしましょ(爆)。
【 21:40】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]
●覚書Ⅰ~古典の暴走(稿)
「古典の暴走」について少し補足して置きたい。とどのつまりは「解釈の暴走」だが、書道の場合は戦後往々にして「見た目の魅力」(特徴的表現)に囚われる傾向が強く、それが基礎(苹の云う「基礎以前の基礎」)を蔑ろにする最大の動機となるかの様でもある。勿論どんな表現も古典が基礎にある事は変わりなく、また当然ながら古典の基礎には、より古い古典が前提/規範として存在する。そうした芋蔓式の表現連鎖がやがて時代差に応じて逆に「古典を」基礎から遠ざけると、今度は基礎的古典の復興が時折なされる様になり、それ以外の高度/応用的な古典が基礎古典の後景へと仕分けられる。大抵は数百年の間隔で、表現の拡張を経た「揺り戻し」のパターンが繰り返されるものの、だからと云って基礎的古典復興の立役者が基礎的書風しか書かない/書けない訳ではない。
硬筆時代の感覚では併用・専用を問わず毛筆が相対的位置となる。筆記具としては特殊な扱いへと後退し、毛筆自体が「日常性の喪失」を前提するので古典の規範性もやがて薄れていく。それ以前=毛筆専用時代は、誰も規範が暴走するとは思わなかったに違いない。むしろ危惧されたのは表現の暴走で、唐代の孫過庭はこれを「古質今妍」と形容した(書譜)。規範性の薄れ方は硬筆型と毛筆型とで差異があるらしい。硬筆の書的表現が正面から展開された例はなく、むしろ基礎喪失を前提に丸文字、変体少女文字などの造語や分類が試みられた程度に留まる。その後は印字表現の領分でフォントの多様性が取り沙汰されていくのと相対的に、手書きの規範自体が毛筆時代の基礎モデルへと逆行/収斂していく傾向が見られる(手書き自体の実用性喪失?)。
この視点から今の民間書表現を観察すると、古典に見立てられるもの(仮象/模範)は総て「お手本」の暴走に近い仕方で受容されてくるらしい。或いは書字自体に限らず、書字行為(パフォーマンス)をも含めた誇張の全体を「暴走」と見なしてもよい。ここではいかなる暴走も先ず「暴走のお手本」あるがゆえに、入門的懐古姿勢のまま無批判に正当化されるか、もしくは社会的/マスメディア的に認知/受容される。すると同じ視点から、伝統的な書表現もまた同様=相対的に解釈されてくるだろう。例えば悪しき「お手本」を猿真似させるボス同士の談合もどきが日展審査の実態であるとか、その手の発想が今では普通になっているのでは。それが所謂「芸術」イメージ(=芸術は稽古事ではない?)との間で強烈な齟齬をなす。
パナソニック シーリングファン・インテリアファン XS92142 芸術とは独創であり模倣ではないとする先入観が跋扈すると、本来そうでなかった西洋芸術との間にも歴史観の断絶が忍び込み、「西洋=近代」と短絡する進歩主義が過去を盲目にする。そこに反省はない。ただ未来があるばかり。そのくせ有名作品という「過去そのもの」は称揚され、恰も「真似てはいけない」規範であるかの様に神聖視=禁忌化される。孤立した日本の芸術ヒステリーは常に脱歴史的で、国際理解の歴史性からも二重に孤立してしまう。だから教育における美術は美術史ではないし、書道も書道史ではない。既に見捨てられたものが暴走したところで、痛くも痒くもない。つまり「暴走する自由」が芸術を領有した事になる。
●覚書Ⅱ~妄想の暴走(稿)
前稿末でグローバリズムとナショナリズムをムリヤリ雅と俗の関係に見立てたら、「高雅なる欧字文化圏」と「低俗なる漢字文化圏」を対比せずには気が済まなくなってきた(orz)。…時は幕末、帝国主義が真っ盛り。グローバリズムは帝国主義の世界支配計画で、植民地支配されてたまるものかと日本は開国、維新、欧米化へと踏み切った。もちろん開国と欧米化は別物で、開国したら最新の支那文化も西洋文化と同時に入ってきた。すると漢字文化圏と欧字文化圏の対比与件に同時性が加わるや、一体どっちが進歩的で文明的かと、さーて比較だ研究だ。東西々々、みんな挙って用意ドン!
ここで引っ掛かるのは尊皇攘夷から脱亜入欧への流れ。なにやら苹には、ナショナリズムがグローバリズムへの移行プロセスに見えてくる。そのくせ両方とも愛国だから、事は甚だややこしい。グローバリズムが愛国で何が悪い。愛国ゆえに自国文化を捨てるのは、「健康のためなら死んでもいい」のと同じくらい熱烈な愛国精神に基づいている。なんなら支那語を国語にしてもよかった筈だが、当時の支那は正真正銘の敗者で無理。どうせ日本語を捨てるなら、いっそ英語を国語にした方がいい…森有礼には先見の明があったのかも。しかしこれでは本末転倒の言語植民地。なんのために維新したのか分からなくなる。
・開国…相手は欧米に限らない。支那でも全く構わない。
・維新…日本の独立を維持し、外国による植民地化を阻止せねば。
・欧米化…欧米の文化的植民地になる一歩手前。…アレ?
コクヨ品番 CN-1253WHAW21J160N ロビーチェアー パドレ 3人掛R無タイプ 違いを纏めると斯う見えて覿面、途端にナショナリズムが分からなくなる。雅が上で俗が下なら、ナショナリズムは下克上(共産主義?)であって構わない。するってぇとグローバリズムは、「私も仲間に入れて♪」てな具合の積極参加になるのかいな(世界支配への共同参画?)。しかし当時そんな国力は日本になく、富国強兵など普通の(=健康な)帝国主義を取り入れるだけで精一杯だった。しかも新国家建設の養生訓(?)は欧米語で書かれているときたもんだ。文明国に靡かずんば、何を以て愛国たらしめん?
そもそも苹は、ナショナリズムを「俗」扱いしたのが間違いだったのかも知れない。でも代わりの言葉が思い当たらない。もっと軽々に、自国文化を捨てられる概念が必要なのだ。なにせ知識人は俗調を嫌うのが習い性、ハイカルチャー専門でないとプライドが保てぬ点は朝鮮の両班もどき。尤もアチラは盟主の漢文基準に固執して「ハングルそっちのけ」だったらしいが、コチラでは仮名文化がナショナリズム以前の土俗的な文化伝達機能を担保した点で病膏肓。~対象を以て主体を鑑みるのと、主体を以て対象を鑑みるのとでは大違い。対象(隣の芝生?)と主体(オレオレ詐欺?)のどちらにナショナリズムの文明的基盤を置くか次第で、文化の尺度は対外的判断の距離感覚を変えるのだろう。片や自前文化の足下は、膨れた腹に隠れて見えない(どすこい!)。
URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]
●覚書Ⅲ~言文一致思想の暴走(稿)
言文一致の目論見は別の言文不一致へと変質し、ただ言文一致の思い込みだけがいっそう極端な形となりつつ定着していった。~全集九巻「文学評論」所収の西尾幹二「明治初期の日本語と現代における「言文不一致」」のみならず今野真二『日本語のミッシング・リンク 江戸と明治の連続・不連続』(新潮選書)P.240でも、前提はあらかた響き合っている模様(抄録↓)。
--------------------------------------------------------------------------------
>「機能を異にしている」話しことばと書きことばとはほんとうに一致するのかというのがもっとも大きな疑問である。「言文一致」とは「話すように書く」ということであるので、「文を言寄りにもっていく」ことになる。その時に文がもっていて言がもっていない機能は捨ててしまうということなのだろうか。そんなことができるのだろうか。文が言と完全に一致した瞬間は、文が消滅した瞬間になるはずだ。それは考え難い。したがって、ここでは「言と文とは(そもそも機能が異なるのだから)一致しない」ということをまず確認し、いわゆる「言文一致」とは、「文を(これまでよりも)言寄りにもっていく」ことと考えたい。
Tポイント15倍宮付き すのこベッド/ローベッド ダブル ウォールナット プレミアムポケットコイルマットレス付き コンセント付き ...〔代引不可〕請求書・領収書 --------------------------------------------------------------------------------
…言葉の輪郭は当たり前に通じるものほど見えにくく、時に「お前、空気が見えるか。見えないだろ。見えないものは見えちゃいけない」と説得されている気分になる。言葉に真空状態がつくられると空気は存在を主張し始めるが、意識される事は殆どない。読まれない空気もまた読めてはならず、読めるものだけが読めてよいという言論統制が空気の側の立場となる。~あたしゃそんな事を無意識に執念深く考え続けていたのかも。従来の言文一致や言文不一致ではハッキリ納得できなくなったと自覚したのが「 23:19」稿だった(抄録↓)。
..(続きを読む)
HS73092 LED防雨型スポット ポイント10倍コクヨ品番 CN-1214HVW21J190 ロビー パドレC 4連 ハイ肘なし
(14)全日展~そして模倣論(其一)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。今回の転載は四分割にて。
このところ日本の文化、歴史と伝統、昔話といったものに目が向く様になってきたのは好ましい傾向なんだろうけれど、時には度が過ぎると目をひん剥く事になる…(汗)。
例えばコレ(↑)の12:34以降。BSで放送中の深夜アニメ「鬼灯の冷徹」は地獄の蘊蓄てんこ盛りで質が高いとは思うものの、それなりに戸惑いもあった。ところが第四話の後半「かちかぢごく」では迂闊にも見事ツボにはまり、果ては「恨」~日韓関係の「心の闇」(笑)まで、当方あらぬ連想が及んじまったから困ったもんだ…(orz)。その辺を深読みすると、意外な視点が発見できるかも知れない。
(おのれ狸 おのれ狸 おのれ狸 おのれ狸 おのれ狸…)
日本人はウサギ小屋に喩えられる規模の家に住む一方、韓国人は日本昔話「かちかち山」に出てくるウサギのごとく(?)狸を恨む。まるで狸と日本人の区別が崩壊しているかの様な。しかし日本人とて田舎では百坪前後の土地に二階建ての持ち家が少なくないし、韓国人だって皆が皆「かわいいのに獄卒根性」ではあるまい。尤も双方、付和雷同の誘惑に屈しがちな共通点など、色々ありふれたスイッチはあるのだろうが。
あの半島では地獄文化どうなのかしら。もちろん中国のも興味深い。上記アニメを隣国人が見たら、彼らは日本の鬼をどう思うのかなあ(日本鬼子!)。こちらのネタの方がアングレームには相応しかった気がする(↓)。
..(続きを読む)

(13)アナキズム文化圏(後篇)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。転載の後篇。
新年も苹は書道ネタが続く…それしか書く事がない訳じゃないけれど。西尾先生だって早速の「日録」連載は喉元過ぎてなお熱気ムンムンでござる。ただし内容は『WiLL』編集長への挨拶…じゃなくてチクチク催促(?)してる様に映らなくもない。「あれだけ待たされた座談会記録の続き、今度は一体いつ載せる気ぢゃ、ゴルァ!」(←妄想です。)
輸入 オーダー家具 オーバルチェア SH45cm 猫脚 オードリーリボンの彫刻 スーパーホワイト色 ピンクモアレの張地 昨年最後の拙稿では、地域格差と権威とのバランスに初めて言及した。…どことなく方言と共通語のバランスに似ている気がせぬでもない。各地の間で方言に優劣はない筈なのに、共通語との距離を基準とすれば、それらしき錯覚が権威に内包されてくるかの様な。もちろん教育上の規範は共通語の側にあるが、方言の側に暗黙の権威が宿る場合は転校生を「やーい、東京もん」とからかったりしてたとか。その他、流暢な方言を操る外国人に親しみを感じる傾向はどこでも結構あるらしい。白人タレントが山形弁で喋ったり、非ドイツ系の指揮者がウィーン訛りで喋ったり。漢字に限らず文化圏をアナキズムと結び付けて発想したのも、農本主義以前に潜む深層の文化的基軸が国家等々とは別の枠組から支えている気がしたからだった(たぶん)。ただし、中には日本文化との間で違和感を感じた面もある(敗戦直後のドイツが何故あそこまで音楽を大事にしたのか等々)。
言葉の意味とて、それ以前と以後とを錯綜させると如何なものだか訳が分からなくなる。例えば台詞にありがちな「おにいちゃん」なんざ、今じゃ寅さん映画と萌えアニメとでは桁違いに大違い。また津軽弁では自分の父親でもないのに、見知らぬオッサンを「とーさん」とか「とっちゃ」「おど」などと呼ぶのが昔からのオーソドックス。やはり日本語は方言と二人三脚のバイリンガルで行かないと、どう取り繕ったところで感性鈍磨の結果、外国語の内的多様性を理解する上でも支障を来してしまうのかも知れない。

>津軽弁は難しいらしいですね。
奥様のレスを読んだ後、名状するのが恐ろしく容易かろう曖昧さの「困難」に、究極事例とおぼしき恰好の表現が見つかった(↓)。余所者から見れば「言葉の鎖国」みたいなものなのだろうが、なぜか土着の自由(束縛?)が懐かしく且つ愛おしくてならぬ。
..(続きを読む)

コクヨ品番 CN-1203BRW29J250N ロビーチェアー パドレ 3人掛ベンチ片R 編集 【直送】オープンシェルフ 本棚 国産 組立不要 F 120cm幅 アコード H ウェンジ〔代引不可〕
(12)アナキズム文化圏(前篇)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。またまた前後二篇に分けて転載する。
以下、前篇。
>あきんど様
ミーティングテーブル W180cm 会議机 机 TT-TW1875U こちら(↑)の話題の続きですね。セレブ奥様ネタの続きでもあるけれど。英語ペラペラで貞子似のヨーコさん(と読むのかな?)には恐れ入る。あれだけ頭の(口の?)回転が凄まじいと脱帽せざるを得ない(すると落ち武者みたいな頭頂部が露呈する?)。…それにしてもアタシが書くと脱線の甚だしい事、自分でも信じられないわぁ(ぬけぬけ)。これでも一応、話題同士を「赤い糸で結ばれた二人」みたいな関係に仕立てるべく、ギリギリどうにか工夫はしているつもりなんだけど。
あと、南アフリカには言及しにくいなあ…。下手にアパルトヘイト以外を念頭に置いたら「差別して何が悪い」って話に遡るし。と云うのも、差別や区別や障壁などの言い回しが面倒なのね。例えば「平等にすると障壁がなくなる」とする。そこに流入する集団が相対的に弱者となる場合、強者との間に身分や搾取や奴隷状態などの具体的事実が自然発生した結果「差別の原因は平等」って事になりかねない。そこで既成事実化した差別に対し、「差別解消は現実的に無理、せめて秩序くらいは」との意図で法整備したら、今度はアパルトヘイト同然になっちゃった…てな筋書きは考えられないか。教育現場における「お手々つないで徒競走」が能力差別の一形態と化すのも、労働鎖国が人種差別的な障壁たり得るのも、平等概念の操り手が判断のバイアスに逆操作されたら元の木阿弥になるのではないか。監視社会も差別秩序も原理の問題でなく状態の問題だろうに、どちらへ転んでも対策は論難の対象となる。
この意味では日本の一億総中流も南アのアパルトヘイトも、構造安定性の領分~悪く云えば固定化の流れに即した時代の要請だったのではないかと。既存の構造に対する不満が高まれば、どう転ぶか分からずとも流動化に向かい、構造が壊れる。そこに所謂「運動」が関わってくる。運動だってそれなりに纏まってりゃ一つの体制だ。纏まってないなら形それぞれ、暴動だの何だの碌でもないのばかりが思い付くけれど、中にはそうでないタイプもあり得るのだろう。しかし要請の起因を解析せぬままいきなり善悪判断を持ち出すと新旧どちらかが極悪に見えて、対立構造の方が先に安定へと向かう。
先年NHKが、南アの金だかダイヤモンドだかの採掘実態をBSで流してた。たぶん海外放送局が制作したドキュメンタリー番組。マンデラ以後もユダヤ系の企業が根付いてて、黒人労働者は貧困状態だったと記憶。この辺だったかな(↓)。
..(続きを読む)

(11)日展騒動の勃発(後篇)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。前後二篇に分けて転載する。
【ポイント10倍】 【直送品】 サカエ (SAKAE) 会議用テーブル DTS-1275M (241271) 《事務デスク・会議テーブル》 【送料別】
以下、後篇。
緊急!…と書いても既に遅いのか(汗)。少し大袈裟だけど、見方次第では小春日和ならぬ西尾日和とも云えそうかな。今夜放送のNHK「クローズアップ現代」はGHQの検閲がテーマになっててビックリ。深夜の再放送は録画しとかなきゃ。尤も放送内容はテキスト全文が暫くの間ネットに出る筈だから、そちらをコピペしとけば事足りるのかも(↓)。
..(続きを読む)
(10)日展騒動の勃発(前篇)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。前後二篇に分けて転載する。
今回の転載稿にあたる時期、件の日展騒動が勃発した。これで書道界のアカデミックな主流派が中枢から大いに揺さぶられ、日展は久々に改組する事となる。
騒動直前には改組前の「有終の美」(?)を飾るがごとき大本営発表で、日展会友の石澤桐雨(翠軒流の千紫会系)が目出度く特選と相成った。こちら青森では宮川翠雨(翠軒没後の千紫会分裂で、翠心会の会長に就任した人)以来の特選だから半世紀ぶりの快挙なのに、間が悪いったらアリャしない(苦笑)。…しかしながら、もし本当に噂通り賄賂級の「お礼」が罷り通って居たのなら、支払わずに済んだ場合は却って僥倖だった(?)と云えなくもなかろう。因みに当方、氏との面識はない。こっちが一方的に相手の顔を知っているだけ。この点、念のため附記して置く。
…閑話休題。以下、転載開始。
オーデリック ダウンライト 【XD 401 239H】【XD401239H】 「あぶない刑事」の浅野温子とゲゲゲの松下奈緒を足した感じの美女ですね。…そう云や昔、あたしゃ長い黒髪に憧れてたんだっけ。ホラー映画で「貞子」を見るまでは(↓)。
..(続きを読む)
(9)歴史人口学と老人パラダイム
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。
今回の四方山話は、やがて書壇の「老人パラダイム」話へとエスカレートしていく事になる…。それが更に朝日発の日展騒動へと絡み付くのは後日の成り行き。
~22の「日録」連載後は半年以上ほったらかしだったのに、今頃になって何かに急かされるかのごとき(?)猛ペースへと様変わりしたのが面妖なる八月後半。しかるに『正論』2013.1~2号のを「了」と締め括った翌々日が九月にて、同2013.10号の発売日は日曜と重なった(↓)。
..(続きを読む)

(8)ヒトラー等々(後篇)
苹@泥酔
●旧稿転載
セレブ奥様ブログのコメント欄より(↓)。
アサヒ パイロットランプ 60V 3W 口金E12 クリヤー [100個セット] T13E1260V-3W-100SET
前稿に引き続き、以下は二つに分けた転載の後篇。
(旧稿訂正?~並びに補遺)
気になると云うか不安と云うか、外出してすぐ家の鍵を掛け忘れた気分になる様な。国基研で例のナチストークが出る前日、「 01:17」稿で書いたアレは西尾先生でなく渡部昇一先生だったみたい。『WiLL』2009.5号の対談P.47に書いてありました(↓)。
--------------------------------------------------------------------------------
> その中で印象に残ったのは、アメリカには中世がなかったということです。アメリカに移民したのはピューリタンですから、プロテスタントの一番ラジカルな人たちでした。彼らは「中世は悪いものだ、暗黒時代だ」と決めつけていたので、過去を全然見ない。それによって何を失ったかというと、中世千年の間の智恵と知識、それがすっぽりと抜け落ちた。中世は悪いものだとしているので、必要とあらば手本はギリシャ・ローマになります。ですから建物もゴシック建築はなく、みんなギリシャ・ローマ風です。
--------------------------------------------------------------------------------
それら渡部発言を承けて、今度は西尾先生が「アメリカと中国は似ている」(封建制度がない)と言い出す訳だ。~これだから対談は紛らわしくて困る。どのみち相手のある話、ごちゃ混ぜ記憶にならない方がおかしい(…と、開き直ってみる)。あちこち寄り道の検索してたら、こんなのまで見つかっちまった(↓)。
..ソファ 3人掛け 三人掛けソファ ソファー ラブソファ レザー 合成皮革 合皮 PVC モダン おしゃれ モダン 開梱・設置付き
[*]前へ [#]次へ >>
コクヨ ロビーチェアー コレッティ 3連テーブル付きアームチェアー 幅1660MM カラー K059 フィレストグリーン日立 10台セット 交換形LEDベースライト スマートユニット 110形 直付形 笠付形 10000lmタイプ FLR110形2灯器具相当 昼白色 PC8B+CE810NE-X24A_set

corez18c24 mili777-パナソニック(Panasonic) NNQ35607LD9 電球色 美光 3000K 広角 DL1000形 LED 客席ダウンライト 32981tglo4649-シーリングライト、天井照明